menu
閉じる
  1. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  2. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  3. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  4. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  5. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  6. 離婚した後に後悔することは?
  7. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  8. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  9. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  10. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

アーカイブ:2015年 8月

離婚裁判(離婚訴訟)の提起管轄(訴訟を提起する場所)離婚裁判を起こすのは、夫妻の一方の住所地を管轄する家庭裁判所です。通常、裁判を起こす前に離婚調停を行っているので、調停を行っていた家庭裁判所で裁判を起こす人が多くなっていま…

裁判離婚とは裁判離婚とは、家庭裁判所の裁判で離婚することです。夫婦の話し合いでも、家庭裁判所の離婚調停でも離婚問題が解決しない場合、家庭裁判所で離婚の裁判を起こして離婚することになります。離婚する夫婦の約1%が、裁判離婚…

離婚調停(夫婦関係調整調停)とは離婚する場合、①離婚するかどうか、②離婚の条件(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割など)の2つを決めることになります。この2つについて、まとめて話し合うことができるのが離婚調停です…

離婚に関する調停は、調停終了後の手続きの違いで、3種類に分けることができます。離婚などの調停夫婦関係調整調停(離婚調停、円満調停)など、夫婦の離婚や関係修復について話し合う調停が代表的なものです。この種類の調停は、調停が不成…

離婚調停(調停離婚)の申し立て管轄(調停を申し立てる場所)離婚したい相手の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。例えば、調停を申し立てる妻が東京都豊島区に住んでいて、夫が大阪府大阪市に住んでいる場合、調停を申し立てるのは…

調停離婚とは調停離婚とは、家庭裁判所の調停で離婚について話し合い、離婚する方法です。夫婦で離婚の話し合いがまとまらず協議離婚できない場合は、調停で離婚することになります。家庭裁判所の調停では、裁判官と調停委員2人(民間人…

協議離婚の流れと手順協議離婚の流れは、次のとおりです。 夫婦で離婚するかどうかを話し合う 離婚することになったら、離婚の条件(子供の親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割)について話し合う 夫婦で離婚届に必要…

協議離婚とは協議離婚とは、夫婦の話し合い(協議)で離婚する方法のことです。離婚届を市区町村役場に提出し、受理された時点で離婚が成立します。離婚する夫婦の約90%が協議離婚で離婚しています。協議離婚は、夫婦が離婚に…

離婚後に住む場所離婚後の生活に向けて準備しておきたいことはたくさんありますが、住む場所は絶対に必要です。離婚すると、結婚中に住んでいた家を出て、新しい家で生活を始める人がほとんどですが、離婚前に十分準備をしていなくて、離婚後に慌…

離婚を決意した人が知っておきたいこと離婚を決意した人が知っておきたいことは、次の4つです。・離婚の方法(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚)・離婚の条件(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割)・…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る