menu
閉じる
  1. 離婚が子供に与える影響は?
  2. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  3. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  4. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  5. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
  6. 離婚した後に後悔することは?
  7. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  8. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  9. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  10. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚 弁護士 費用 依頼 相談

意外と知らない弁護士にかかる費用

「離婚問題を弁護士に相談・依頼すると、どれくらい費用がかかるか。」

そう聞かれても、漠然と「高そう」としか答えられない人がほとんどです。

しかし、離婚を考えるとき、弁護士に依頼するかどうかがひとつの大きな選択になることを考えると、弁護士費用についてしっかり理解しておくことは大切です。

このページでは、弁護士費用の種類と、弁護士に依頼するときの注意点について紹介しています。

離婚を弁護士に相談・依頼するときにかかる費用

相談料金は設定範囲が決められている

弁護士事務所を訪ねて弁護士に相談すると、一般的には30分で5000円から1万円の費用がかかります。

30分で5000円から1万円という相談料金は弁護士報酬規定に定められており、通常はこの範囲内で料金が設定されています。

もし、相談・依頼しようとした弁護士が範囲外の料金設定をしていた場合は、再検討してください。

離婚を弁護士に依頼するための費用

弁護士に依頼したときにかかる費用は、着手金、実費、成功報酬の3種類に分けることができます。

着手金

着手金とは、依頼した仕事をやり遂げてもらうための費用です。

着手金は、依頼したときに支払います。

途中で依頼をキャンセルしたとしても、離婚調停や離婚裁判で希望どおりの結果が得られなかったとしても、原則、着手金は返還されません。

着手金の額は、協議離婚のために相手と話し合いをしてもらった場合は10万円~30万円、調停離婚の場合は20万円~50万円、離婚裁判をする場合は30万円~60万円が一般的です。

ただし、依頼人の経済力、依頼内容、弁護士事務所の方針、弁護士の経験などによって異なります。

なお、調停離婚や離婚裁判で養育費、財産分与、慰謝料を請求する場合、請求額に応じて着手金の額が高くなる傾向があります。

実費

実費とは、離婚裁判を起こすための費用や切手代、資料を提出する場合のコピー代、交通費、電話代など、弁護士が依頼をこなす上で実際にかかる費用のことです。

実費の一部は、依頼したときに着手金と一緒に支払い、不足したら追加で支払います。

依頼したときに支払う実費は10万円くらいが一般的ですが、弁護士によってバラつきがありますし、調停や裁判を行う場所が遠方になると高額の交通費がかかります。

事前に目安となる額を確認しておきましょう。

成功報酬

成功報酬とは、依頼人の希望どおりの結果が得られた場合に、弁護士へのお礼として支払う費用です。

成功報酬の額は、協議離婚のために相手と話し合いをしてもらった場合は10万円~30万円、調停をした場合は20万円~50万円、離婚裁判をした場合は30万円~60万円が一般的です。

ただし、依頼人の経済力、依頼内容、弁護士事務所の方針、弁護士の経験などによって異なります。

着手金と同じで、調停離婚や離婚裁判で、養育費、財産分与、慰謝料を請求した場合、得られた額に応じて成功報酬の額が高くなる傾向があります。

弁護士に相談・依頼するときの注意点

経済力を正しく伝える

弁護士の多くは、依頼内容や経済力に基づいて依頼を受けるかどうかを考えます。

経済力について正しく伝えておかないと、依頼した後で弁護士とトラブルになるリスクが高まり、離婚とは別にトラブルを抱えることになってしまいます。

経済的に厳しい場合は法テラスを利用する

経済的に厳しくて弁護士に依頼することが難しい場合は、法テラスを利用する方法があります。

法テラスでは無料法律相談を実施していますし、法テラスを通して弁護士に依頼する場合、経済力によっては後払いや分割払いを選択できることもあります。

法テラスについては、「離婚の相談機関」で詳しく紹介しています。

ページ上部へ戻る