menu
閉じる
  1. 離婚とうつ病(うつ状態)
  2. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  3. 離婚が子供に与える影響は?
  4. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  5. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  6. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
  7. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  8. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  9. 離婚した後に後悔することは?
  10. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚原因は発達障害?大人の発達障害が夫婦関係に与える影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人の発達障害 発達障害 夫婦 離婚 影響

発達障害とは、行動やコミュニケーション、社会適応に問題を抱えることがある、先天的な脳機能障害です。

子供の発達障害は、医療や教育の現場を中心に知られてきましたが、大人にも発達障害を抱える人がたくさんいることは、あまり知られていないのが現状です。

発達障害を抱える人のうち、思春期前後に症状が消失する人が3分の1、療育によって日常生活に支障が無い程度まで症状が緩和する人が3分の1いる一方で、残りの3分の1の人は、日常生活に支障が出る症状を抱えたまま大人になると考えられています。

発達障害を抱えたまま大人になった人が結婚して家庭を持った場合、一般的な家庭とは異なる問題を抱えることが多く、それが離婚の原因になってしまうことがあります。

このページでは、大人の発達障害が夫婦生活にもたらす影響について紹介しています。

大人の発達障害の特徴

大人の発達障害は、主に自閉症スペクトラム優位型、注意欠陥優位型、LD優位型の3つに分けられます。

  • 自閉症スペクトラム優位型:相手の気持ちを察する、場の状況を把握する、物事の展開を想像・予測することが苦手で、思い込みやズレた認知をする傾向がある
  • 注意欠陥(ADD)優位型:注意が集中し、注意の切り替えができない、うっかりミスを繰り返す、思いつきで行動するといった傾向がある
  • 学習障害(LD)優位型:特定の仕事・作業がどうしても理解・実行できない、指示をなかなか理解できないといった傾向がある

子供の発達障害でよく見られる多動の症状は、成長とともに消失もしくは緩和されますが、一方で、注意欠陥の症状が目立つようになります。

また、忘れ物が多い、片付けが苦手といった症状は、大人になっても残ることが多いもので、子供の頃は注意で済んでいたところ、成長とともに周囲の冷たい視線を浴びるようになり、発達障害を抱える人を悩ませる大きな要因になっていきます。

大人の発達障害が夫婦関係に与える影響

夫婦の一方が発達障害を抱えていると、空気を読まない発言や態度、約束を守れない、金銭感覚のズレ、家事が苦手、子育てが苦手といったことが夫婦関係に影響を与える傾向があります。

空気を読まない発言や態度

発達障害を抱える人は、相手の気持ちを察したり、場の状況を把握したりするのが苦手で、思い込みや思いつきで行動してしまう傾向があります。

子供の頃なら「少し変わった奴」で済むかもしれませんが、大人になると、人間関係に深刻な亀裂を生じさせることが少なくありません。

本人に悪気がなく、かえって相手を怒らせたり、悪いな印象を与えたりしてしまいがちなところが特徴です。

結婚して夫婦になると、必然的に一緒に過ごす時間が増えるので、自覚がないまま相手を傷つける機会も多くなり、少しずつ夫婦関係に影を落としていきます。

また、結婚すると、相手の親族や子供の保育園や学校関係者など人間関係が広がりますが、こうした人間関係の中でも空気を読まない発言や態度を繰り返し、結婚相手に肩身の狭い思いや嫌な思いをさせてしまうことで、夫婦関係が悪化することもあります。

約束を守れない

発達障害を抱える人は、注意や関心の切り替えが遅く、思い込みも強い傾向があります。

そのため、何か約束するときに注意が他に向いていたり、約束の内容を勘違いしたりして、約束を守れないことが少なくありません。

一つ一つの約束は日々の些細なことでも、繰り返すうちに相手はストレスを募らせていき、離婚問題に発展することがあります。

金銭感覚のズレ

発達障害を抱える人は、特定のものに興味関心が集中しやすく、計画的に行動するのが苦手という傾向があります。

そのため、何かに夢中になると他のことが見えなくなり、収入や家計を気にせずに欲しい物を買いあさり、手持ちのお金がなくなるとカードを限度額まで使用したり、多額の借金を抱えたりしがちです。

その結果、夫婦関係が悪化して離婚に至ります。

家事が苦手

発達障害を抱える人は、注意や集中が持続せず、計画的に行動するのが苦手な傾向があります。

そのため、頑張っても家事ができない、特に、整理整頓ができないという人が多いものです。

専業主婦(専業主夫)で家事全般を任されている場合、結婚相手から家事ができないことを責められて夫婦喧嘩に発展してしまいます。

子育てが苦手

発達障害を抱える人にとって、子育ては仕事や家事以上に困難を感じやすいものです。

まず、計画を立てて行動するのが苦手なので、家事と育児をテキパキこなせません。

また、臨機応変な対応も苦手で、急に赤ちゃんが泣き出したり、体調を崩したりするとパニックになってしまいがちです。

注意や集中が持続しにくく、物忘れやうっかりミスも多いため、保育園や学校との連絡が円滑にとれず、子供の持ち物点検も忘れてしまうことがあります。

本人はとても悩んでいるのですが、同じ失敗を繰り返してしまうため、結婚相手からは責められ、周囲からは冷たい目で見られてしまいがちです。

大人の発達障害を抱える相手との結婚生活を円満に保つために

外科的・内科的な病気や障害と違い、発達障害を抱えているかどうかは周囲からはわかりにくいものです。

また、発達障害の症状は、性格や親の教育に起因すると思われがちで、周囲の理解を得にくいのが現状です。

そのため、発達障害がない人を基準にして、「この人は当たり前のことができない。」「性格に問題がある」などと認識し、非難する人が多いものです。

大人の発達障害を抱える相手と結婚生活を続ける上で大切なのは、まず、相手が発達障害を抱えていることを現実として受け止め、症状を理解することです。

自分や周囲の常識にとらわれず、発達障害を抱える人の世界を理解することで、自分との「違い」や、相手の得手不得手を把握できるようになります。

その上で、相手の得意な範囲で家事育児に協力してもらい、苦手なことは夫婦で対策を考えてフォローしていきましょう。

また、問題を夫婦だけで抱え込まず、親族や医療機関など周囲の協力を積極的に求めることも欠かせません。

離婚についてより詳しく知りたい人へ

ページ上部へ戻る