離婚後の公的支援制度 | 離婚ガイド
menu
閉じる
  1. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  2. 離婚が子供に与える影響は?
  3. 離婚とうつ病(うつ状態)
  4. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  5. 離婚した後に後悔することは?
  6. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  7. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  8. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  9. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  10. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

カテゴリー:離婚後の公的支援制度

離婚後は、経済的に自立する必要に迫られます。しかし、結婚中に専業主婦(夫)だった人は、専門的な技術や資格を持っていない限り、離婚後に安定した生活を送れるだけの収入が得られる仕事を見つけるのは困難です。そのため、離婚後の生活を…

母子生活支援施設とは、「母子の生活の安定と自立の促進」という目的に基づいて設置されている、18歳未満の子供を育てている母親や、同様の事情がある女性が入所できる施設のことです。施設では、母子指導員と呼ばれる職員が、母に経済的自立を促し…

ひとり親家庭向け住宅とは、県営住宅等におけるひとり親家庭向けの特別枠のことです。各地方自治体が独自に枠を設定しているので一概には言えませんが、一般向けの応募より倍率が低くなっている地域が多く、通常より入居できる確率が高い傾向がありま…

ひとり親家庭等医療費助成制度とは、父子家庭、母子家庭、父母がいない子供を養育している家庭などの医療費(自己負担分)の一部を助成する制度です。子供の医療費だけでなく、父母や子供を監護している人の医療費(自己負担分)の一部も助成されます…

児童手当とは、「家庭生活の安定と、次世代の社会を担う子供の健全な成長に役立つこと。」を目的とする、子供を育てている親などに支給される手当です。民主党政権下では「子ども手当」と呼ばれ、金額は一律13000円でしたが、2013年度から始…

生活保護とは、財産や能力をすべて活用しても、生活に困る人を対象に支給される公的支援のことです。困窮に至った理由を問われることはありませんが、扶養義務者がいる場合は、生活保護より扶養義務者による扶養が求められます。離婚後、シン…

児童扶養手当とは、一般的に母子手当と呼ばれているものです。「父母の離婚や死亡などで、父母の一方の養育しか受けられない子供がいる家庭の経済的な安定と自立を促し、子供の健全な成長を支援する。」ことを目的として支給される手当です。…

離婚後の公的支援離婚後は経済的に苦しくなりやすい離婚すると、生活も環境もガラリと変わりますが、多くの人が日々の生活の中で実感するのは経済的な変化です。特に、結婚期間中、相手の収入に頼って生活していた人が感じる経済的な変化は大…

ページ上部へ戻る