menu
閉じる
  1. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  2. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  3. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  4. 離婚した後に後悔することは?
  5. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
  6. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  7. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  8. 離婚とうつ病(うつ状態)
  9. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  10. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚を決意した人が知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚 決意 女性

離婚を決意した人が知っておきたいこと

離婚を決意した人が知っておきたいことは、次の4つです。

・離婚の方法(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚)

・離婚の条件(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割)

・離婚後の生活

・離婚に関する法律の知識

このページでは、概要を紹介しています。

離婚の方法(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚)

離婚の方法には4種類あります。

協議離婚

夫婦で話し合って離婚する方法です。

離婚する人の約90%が離婚の方法として選択しています。

調停離婚

協議離婚で離婚の話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停という手続きを利用して離婚を目指すことになります。

調停離婚では、調停委員という第三者を交えて、離婚について話し合います。

離婚する人の約9%が調停離婚で離婚しています。

裁判離婚

調停でも離婚の話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に離婚裁判を起こし、裁判離婚で離婚を目指すことになります。

裁判離婚の最大の特徴は、離婚を決めるのが夫婦自身ではなく裁判所だということです。

離婚する人の約1%が裁判離婚で離婚しています。

審判離婚

ささいなことが原因で調停がまとまらない場合などに、裁判所が選択する離婚の方法です。

裁判所が離婚を決めるところは裁判離婚と同じですが、夫婦のどちらかが不満を言えば効果がなくなる弱い手続きなので、ほとんど利用されていないのが現状です。

離婚の方法については、「離婚の方法と特徴」で詳しく紹介しています。

離婚の条件

離婚する際に決めておくべきことは、次の6つです。

  • 子供の親権者
  • 子供の養育費
  • 子供と一緒に生活しない親と子供の交流の方法(面会交流)
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 年金分割

親権者を決めないと離婚はできません。

その他の条件は決めなくても離婚できますが、離婚後に問題を持ち越さないよう、離婚前にお互いが納得できるかたちで決めておくことが大切です。

いずれの条件も、具体的な内容や法律的な効果を理解した上で、主張するかどうかを検討します。

離婚の条件については、「決めておきたい離婚の条件」で詳しく紹介しています。

離婚後の生活

離婚後の生活について考えておきたい内容は、次の5つです。

  • 住居
  • 仕事(収入)
  • 離婚が子供に与える影響
  • 公的支援制度
  • 離婚後の手続

離婚後の生活については、「離婚後のこと」で詳しく紹介しています。

離婚に関する法律の知識

すでに紹介した離婚の方法や離婚の条件だけでなく、離婚に関する法律はたくさんあり、理解していないと離婚できなかったり、離婚後に後悔したりすることがあります。

少なくとも、裁判離婚で離婚するための条件や、離婚することで生じる効果については、理解しておいた方が良いでしょう。

離婚に関する法律の知識については、「離婚の基礎知識」で詳しく紹介しています。

離婚についてより詳しく知りたい人へ

ページ上部へ戻る