menu
閉じる
  1. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  2. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  3. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  4. 離婚が子供に与える影響は?
  5. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  6. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  7. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  8. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  9. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  10. 離婚した後に後悔することは?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚届不受理申出とは?期限は?取り下げる方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚届不受理申出 取り下げ 書式

離婚したい人が、相手と離婚の折り合いがつかない場合に、相手に無断で離婚届を提出してしまうことがあります。

いったん離婚届が受理されると、離婚を取り消し無効にするには裁判所の手続きが必要になって大変なので、あらかじめ離婚届けを受理しないよう申請する制度(離婚届出不受理申出制度)が設けられています。

このページでは、離婚届不受理申出制度について紹介しています。

離婚届不受理申出とは

離婚届 離婚届け不受理申出

離婚届は、必要事項を書いて市区町村役場に提出すれば、簡単に受理されます。

夫婦がそろって提出する必要はなく、夫婦の一方だけでも提出できます。

離婚届の筆跡が夫婦本人のものかどうかは確認されませんし、離婚届に押す印鑑は認印でよく、印鑑証明もいりません。

そのため、夫婦の一方が勝手に離婚届を作成して提出してしまうことが少なくありません。

離婚届が勝手に提出されるのを予防するために、離婚届を受理しないよう市区町村役場に申し出る制度が、離婚届不受理申出です。

離婚届不受理申出をして受理されると、離婚届が提出されても受理されなくなります。

離婚届不受理申出の方法

離婚届不受理申出 方法

離婚届不受理申出書に必要事項を記入して、市区町村役場の担当窓口に提出します。

申出書は、申出書の書き方と一、緒に市区町村役場に置いてあります。

申出できる人

夫婦の一方(夫または妻)

申出先

申出者の本籍がある市区町村の戸籍課(地域によって、市民生活課、市民課などが担当することもあります。)

本籍がある市区町村以外に申出した場合、受け付けた役場が本籍のある役場に申出書を送付します。

注意が必要なのは、離婚届不受理申出が受理されるのは、本籍がある市区町村で受理されてからということです。

役所間の申出書の送付には数日かかり、その間に離婚届が提出されると受理されてしまいます。

相手を特定するかどうか

離婚届の不受理申出は、特定の人から提出された離婚届のみ不受理にする申出と、誰から提出された離婚届であっても不受理とする申出があります。

離婚届は、夫婦以外に、夫婦の親族等が代理で提出する場合があるためです。

申出に必要な書類

  • 申請書
  • 印鑑
  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど写真付きのもの。ない場合は保険証や年金手帳などが複数必要になります。)

手数料

無料

離婚届不受理申出の期限

離婚届不受理申出 期限

離婚届不受理申出の有効期限は、以前は市区町村役場に受理されてから6ヶ月でした。

しかし、法改正により、平成20年5月1日以降の申出については期限がなくなりました。

そのため、一度申出すると、取り下げるまではずっと有効です。

離婚届不受理申出の取り下げ

離婚届不受理申出 取り下げ

離婚届の不受理が不要になれば、申出人はいつでも申出を取り下げることができます。

離婚届不受理申出を取り下げるには、申出人が取下書に必要事項を記入、署名押印して、本籍のある市区町村役場に提出します。

不受理申出をした後に夫婦が離婚に合意し、申出人が離婚届を提出する場合は、不受理申出の取り下げは必要ありません。

また、相手を特定した不受理申出の場合は、離婚届が受理されるのと同時に不受理申出の効果もなくなります。

一方で、相手を特定しない不受理申出をしていた場合は、離婚した後も申出の効力が継続するため、不受理が不要になった段階で取り下げておくようにします。

離婚届不受理申出についてより詳しく知りたいときは、関連記事をご確認ください。

関連記事

離婚届不受理申出とは?期間・期限、取下げは?勝手に提出を予防?

協議離婚に戻る:協議離婚

ページ上部へ戻る