menu
閉じる
  1. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  2. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  3. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  4. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  5. 離婚とうつ病(うつ状態)
  6. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  7. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
  8. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  9. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  10. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚した後に後悔することは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚 後悔 女

離婚をする前は、「離婚をすれば、今の苦しい気持ちや生活から解放され、明るい未来が待っているはずだ。」と考えている人がほとんどです。

実際に、離婚すると法律上の結婚が解消されます。

たいていは、相手と別々に暮らすことになるので、仲が悪くなった相手と顔を合わせることも、険悪な雰囲気の中で耐え忍ぶこともなくなります。

また、相手の借金や不倫に悩まされることも、暴言や暴力に怯えることも、嫁姑関係を気に病むこともなくなり、夫婦関係から生じる大きなストレスから解放されます。

一方で、離婚した途端、心に穴が空いてしまったように感じた、結婚中の楽しい思い出が蘇ってきて涙が止まらなくなったという人は少なくありません。

また、子供が無口になってしまった、金銭的に困窮してしまった、周囲の偏見の目に耐え切れず精神的に不安定になったという人もいます。

離婚の理由や経緯がどうであっても、離婚して後悔をしなかったという人はほとんどいません。

そのため、離婚を決意したら、離婚した後にどんな後悔をする可能性があるか、それにどう対応するかを考えておくことが大切です。

この記事では、離婚後に後悔することと、後悔を少なくするための方法をまとめています。

「離婚したのは正しい選択だったか」

離婚 夫婦 流れ 女性

離婚するときは、とことん悩み、考え抜いた上で判断します。

しかし、どんなに考え抜いて離婚したとしても、離婚した後は少なからず後悔するものです。

離婚後の後悔として最も多いのは、「離婚したのは正しい選択だったか」という、離婚そのものに対する後悔です。

離婚しない方が良かったのではないか、相手と関係を修復する機会があったのではないか、そんなことを考える人は少なくありません。

特に、離婚した後の生活がうまくいかないとき、自分自身や子供に問題が生じているとき、離婚した相手が楽しく生活していることを知ったときなどは、離婚したことを後悔しやすいものです。

離婚後の生活をきちんと考え、離婚後の生活の良いところに目を向ける

離婚する前であれば、離婚した後の生活についてきちんと考えておくことが大切です。

後でも書いていますが、仕事や住む場所はどうするか、周囲の偏見に耐えられるか、子供への悪影響にどう対応するか、具体的に考えておくことです。

離婚した後であれば、離婚後の生活の良いところを見るようにします。

嫌なことや辛いことがあると、悪いことばかりに目が向きがちですが、離婚して得たものに目を向けることで、自然と離婚後の生活の良いところを再確認できるはずです。

関連記事

「ここまで金銭的に苦しくなるとは思わなかった」

離婚 家 仕事

離婚すると、夫婦だった男女は他人になり、それぞれ自力で生活していくことになります。

離婚した相手からの金銭的援助は、子供を引き取った場合の養育費くらいなので、自分で働いて生活費を稼ぐ必要に迫られます。

結婚中、働いて家計を支えていた人はともかく、専業主婦(夫)やパート勤務をしていた人は、生活を安定させられるだけの給料が得られる仕事を探さなければなりません。

しかし、就労経験が乏しく、資格も持っていない場合は、安定した収入を得られる仕事に就くことはかなり困難です。

ハローワークに通い詰めても正社員の職が見つからず、朝から晩までアルバイトやパートを掛け持ちして働いても、月々の収支がギリギリ黒字、下手をすると赤字という人はたくさんいます。

子供を引き取った場合は、育児のために就労時間が限られてしまう上、子供にかかる費用も大きな負担になり、ますます生活が苦しくなります。

離婚後の生活の準備をしておく

離婚後の生活苦を避けるためには、離婚前から仕事を見つけておく、資格を取得しておく、利用できる公的支援制度を調べておくなど、離婚後の生活の準備をしておくことが大切です。

また、離婚して半年程度は生活していけるくらいの預貯金と、住む場所を確保しておくことも必要です。

関連記事

「養育費や財産分与の取り決めをしておけば良かった」

年金分割 年金分割のための情報通知書 情報提供書 請求方法

離婚する際には、子供の養育費、夫婦の財産分与、相手の暴力や浮気などに対する慰謝料、年金分割など、お金に関する取り決めをすることができます。

しかし、「とにかく早く離婚して、今の生活から脱出したい」という気持ちに駆られ、お金に関することを決めずに離婚してしまい、本来なら受け取る権利のあるお金を受け取ることができずに生活苦に陥る人は少なくありません。

お金に関する取り決めをしておく

離婚を焦らず、お金に関することを夫婦できちんと話し合っておくことが大切です。

なお、養育費や財産分与については、離婚した後でも元夫婦同士で話し合えますし、話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停や審判を利用することもできます。

ただし、養育費は子供が自立するまで、財産分与は離婚後2年が経過するまで、慰謝料は離婚後3年が経過するまでという期限があるので、注意してください。

関連記事

「予想以上に周囲の偏見にさらされた」

離婚 病気 うつ

現代の日本では、3組に1組の夫婦が離婚しており、離婚は社会のタブーではなくなってきました。

しかしそれでも、世間の離婚に対する偏見は根強く残っています。

離婚する夫婦は、それぞれ深刻な悩みや問題があって離婚を選択しますが、周囲からは離婚した事実しか見えません。

そのため、勝手な想像や偏った考え方に基づいて、「浮気をされた(した)んじゃないか」、「我慢が足りない。」などと、陰で好き勝手なことを言う人は少なくありません。

周囲の偏見は、内容がたとえ事実と異なっていたとしても、離婚した人にとっては深く心に突き刺さりますし、偏見にさらされ続けるうちに、精神的に不安定になってしまう人もいます。

ストレスを溜め込まずに愚痴をこぼす

離婚に対する偏見は簡単になくなりませんし、口に出すなというのも難しいことです。

では、開き直って笑い飛ばすか、聞き流すかというと、それも簡単ではありません。

一番負担なくできるのは、周囲の信頼できる人に愚痴を言うことです。

家族でも親友でも良いので、辛いことがあったらまず愚痴ってみましょう。

辛さが霧散することはありませんが、少し気持ちが楽になります。

気を付けないといけないのは、偏見にさらされてストレスを感じているのに、それを一人で抱え込んでしまうことです。

次の項目に書いていますが、精神的に不安定になるリスクが高くなってしまいます。

「離婚前より精神的に辛くなった」

離婚 PTSD 心的外傷後ストレス障害 症状 治療法

結婚相手の暴言や暴力、不倫、結婚相手が家族のことを大切にしない、嫁姑問題など、結婚中の辛い経験が積み重なって精神的に不安定になる人は少なくなりません。

そして、「離婚すれば今の辛さから解放される。」と考えて離婚という選択をする人もいます。

しかし、すでに書いたように、離婚後の生活は、特に金銭面で結婚中より過酷になりやすく、周囲の偏見の目にもさらされやすいため、結婚中よりも精神的に追い詰められることが少なくありません。

離婚後に不安定になる人もたくさんいます。

離婚するまでは様々なストレスに耐えて気丈に振る舞っていた人が、離婚してふと気を抜いた拍子にしんどくなってしまう、離婚前後の生活の変化についていけなくなってしまう、憎しみすら抱いていた相手でもいなくなると心に穴があいたように感じて辛くなってしまう、周囲の目に耐えられなくなってしまうなど、事情、理由、程度などは人それぞれですが、離婚後に心のバランスを崩してしまうのです。

離婚前であれば、苦しい状況で頑張っている姿を周囲の 人が見守ってくれており、ふとした変化に気づいて声をかけてくれますが、離婚後の心身の変化は周囲から気づいてもらいにくいものです。

また、自分でも、「離婚して新しい生活を始めたのに」という気持ちがあり、なかなか心身の不調に気づくことができませんし、気づいても頑張ってしまい、より不安定になってしまいがちです。

すぐ周囲に相談し、病院の受診も検討する

「おかしいな」と思ったらすぐ周囲に相談し、早めに心療内科や精神科を受診することが大切です。

心療内科や精神科に抵抗感がある人は、まずはかかりつけ医に相談してもよいでしょう。

こころの病は、早く気づいて適切な治療を受けることで、きちんと治ります。

しかし、こじらせてしまうと、その治療には、からだの病の何倍もの時間とストレスがかかります。

なお、多少の不調であれば、薬局で購入できる頭痛薬や睡眠薬で済ませようとする人もいます。

しかし、市販の薬は、症状を一時的に緩和できることはあっても、水面下で進行するこころの病の悪化を防ぐことはできませんし、医師の診断を狂わせる一因にもなりますから、おすすめはできません。

専門の医師の診断治療を受け、用法用量を守った服薬を続けることが治療には欠かせません。

関連記事

「離婚後、子供が変わった」

子供 親権 離婚 親権者変更

離婚で一番大きな傷を負うのは子供です。

離婚の争いの渦中に強制的に巻き込まれた挙げ句、離婚によって父母のどちらかと離ればなれになり、さらに転居や転校で環境が激変します。

何の責任もないのに、子供の心はズタズタになり、父母とは比べ物にならないくらいのストレスを抱え込みます。

しかも、傷を癒し、ストレスのはけ口となるべき父母は、離婚前後はたいてい自分のことで精一杯で、子供に目を向ける余裕がありません。

そのため、子供は、抱えきれないストレスに押しつぶされそうになりながら、なじみのない環境で新しい生活を始めることを余儀なくされます。

そして、精神的に不安定になったり、新しい環境や周囲の視線に耐えられずに不登校、引きこもりがちになったりします。

一方、たまったストレスのはけ口を求めて夜遊びを始めたり、万引きや暴力といった問題を繰り返したり、自傷行為や援助交際など自分の心と体を傷つける行為にふけったりすることもあります。

離婚について子供に説明する

子供の変化を食い止めるには、まず、離婚について父母からきちんと説明することです。

できることなら離婚する前に父母がそろって、子供の年齢に合った言葉や口調で、離婚をしなければならない事情や、どちらが子供を引き取るかなどを伝え、子供の希望をしっかり聞きます。

そして、離婚しても、父母の両方が子供のことを大切に思っており、できる限りのことをするとしっかり伝えてあげましょう。

離婚した後は、父母がそろって子供との関わりを続け、子供のふとした変化に気づいて適切な対応をすることも大切です。

関連記事

離婚についてより詳しく知りたい人へ

ページ上部へ戻る