menu
閉じる
  1. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  2. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  3. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  4. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  5. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  6. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  7. 離婚が子供に与える影響は?
  8. 離婚とうつ病(うつ状態)
  9. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  10. 離婚した後に後悔することは?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

母子生活支援施設とは?シングルマザーなら誰でも入れる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母子生活支援施設 離婚

母子生活支援施設とは、「母子の生活の安定と自立の促進」という目的に基づいて設置されている、18歳未満の子供を育てている母親や、同様の事情がある女性が入所できる施設のことです。

施設では、母子指導員と呼ばれる職員が、母に経済的自立を促し、離婚によって心に傷を負った子供のケアを行うなど、生活全般に関する支援や指導を行います。

入所を希望する場合

近くの福祉事務所(多くは市区町村役場内にあります。)の母子相談窓口へ行き、入所を希望します。

相談員に母子の生活や家族の状況を詳しく聞かれ、入所が必要だと判断された場合は、施設利用の申請を行います。

入所は不要だと判断された場合は、他の施設や制度の説明を受けることになります。

入所するための要件

  • 18歳未満の子供を育てている女性(未婚、結婚相手との離婚や死別を経験した独身女性、夫からの暴力、子どもへの虐待、夫が行方不明や服役中などの事情から、夫と一緒に住むことができない妻など)とその子ども
  • その他、同じような事情のある女性

子供は、20歳まで入所できる場合があるので、必要な場合は福祉事務所に問い合わせてください。

なお、結婚相手からの暴力や子供への虐待から逃れるためなど、緊急な対応が求められる場合には即日入所できる場合もありますが、入所後、そのまま施設で生活するか、他の方法を選ぶかを母子指導員と話し合うことになります。

入所にかかる費用

母子生活支援施設にかかる費用は、住民税や所得税の額に応じて決まります。

収入が一定未満の場合は家賃や利用料は免除されますが、収入が高い場合は収入に応じて支払うことになります。

電気、ガス、水道の料金は実費を支払います。

ページ上部へ戻る