menu
閉じる
  1. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  2. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  3. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  4. 離婚とうつ病(うつ状態)
  5. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  6. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  7. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  8. 離婚が子供に与える影響は?
  9. 離婚した後に後悔することは?
  10. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
閉じる
閉じる

離婚ガイド

ひとり親家庭向け住宅とは?シングルマザーは入居しやすい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひとり親家庭向け住宅 離婚

ひとり親家庭向け住宅とは、県営住宅等におけるひとり親家庭向けの特別枠のことです。

各地方自治体が独自に枠を設定しているので一概には言えませんが、一般向けの応募より倍率が低くなっている地域が多く、通常より入居できる確率が高い傾向があります。

地域によって申請の方法や要件が異なるので、詳しくは近くの市区町村役場の福祉関係課に問い合わせてください。

入居するための要件

一般的な入居要件は次のとおりです。

  • 現在、入居を希望する住宅がある市(区)に住んでいる
  • 家族の構成員が、独身の男女と未成年の子供のみである(独身の男女とは、結婚しないで子供を産んだ人、結婚相手と離婚や死別した人、結婚相手が1年以上行方不明、海外在住、服役中の人のことです。)
  • 入居を希望する家族全員の収入の合計が入居の要件を満たしている
  • 家賃を支払う能力がある
  • 現在、住む場所に困っている
  • 入居を希望する家族が、これまでに同様の住宅に住んだことがあり、家賃の滞納や損害賠償を求められたことがない(入居を希望する家族が、これまでに同様の住 宅から明渡し請求で追い出されたことがある場合は、明け渡し日の翌日から5年経っていることが入居の要件になります。)
  • 入居を希望する家族に、暴力団員がいないこと

以上を全てクリアすることが入居の要件です。

離婚についてより詳しく知りたい人へ

ページ上部へ戻る