menu
閉じる
  1. 離婚が子供に与える影響は?
  2. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  3. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  4. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  5. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
  6. 離婚とうつ病(うつ状態)
  7. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  8. 離婚した後に後悔することは?
  9. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  10. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚と心の病

離婚は「こころ」に大きな負担がかかる

離婚は、その後の人生を決める大きな選択ですから、「こころ」にとても大きな負担がかかります。

長引けば長引くほど、離婚する相手との関係がこじれるとこじれるほど、その負担は大きくなり、想像できないくらいのストレスが襲ってきます。

もちろん、性格、精神的な強さ、周囲のサポート体制の有無などによって個人差はありますが、離婚の問題を抱えているときは、普段よりも落ち込みやすく、疲れやすく、ネガティブになりやすいものです。

そして、こころにストレスを抱えた状態が継続すると、うつ病をはじめとする心の病を発症しやすくなります。

また、結婚相手からの暴言や暴力、モラハラなどが原因で、パニック障害やPTSD(外傷後ストレス障害)、統合失調症などを発症する人も少なくありません。

離婚するまでは気持ちを強く持ってがんばっていた人が、離婚した後に精神的に落ち込み、こころの病を発症することもあります。

「こころ」の病は、気づきにくく、治りにくい

こころの病は、怪我や発熱といった具体的な症状があまりなく、また、軽いうちは自覚しにくいため、からだの病気に比べると気づきにくいものです。

こころの不調を自覚しても、「大したことはないだろう。」、「放っておけばそのうち治るはず」、「心が弱いと思われたくない」などと考え、誰にも相談せず、病院も受診しない人が少なくありません。

しかし、こころの病は、放っておいて治るものではなく、むしろ、重症化してしまうことがほとんどです。

そして、重症化すると、治療が難しくなる上に、回復までに長い時間がかかります。

また、慢性化したり、重症化して社会生活を送るのが難しくなったりする確率もグッと高くなります。

心の病気と向き合う方法

一人で抱え込まないこと

「どうして離婚の話し合いがうまくいかないんだろう」

「離婚した後の生活はどうしよう」

「子供が不登校になったらどうしよう」

離婚問題を抱えていると、こうした一人では答えの出ない問題に頭を抱え、何度も同じことを考え続けてストレスを抱え込んで、こころの病を発症してしまいます。

こころの病の予防や治療には、悩みを1人で抱え込まず、周囲に相談することが何より大切です。

まずは、信頼できる身近な人に相談してみましょう。

不安や悩みの答えは出なくても、人に話すことで自分の気持ちや考えが整理できますし、話をすること自体が気持ちを落ち着ける効果があります。

精神科、心療内科の受診を前向きに検討する

それでも気持ちが落ち着かず、日常生活に支障が出る場合には、精神科や心療内科を受診することも検討してください。

精神科や心療内科の受診には抵抗があると思いますが、こころの病は、症状が軽いうちに適切な治療を受けることで、回復する可能性が格段に高くなります。

病気が酷いときは離婚を急がない

「こころの病の原因は離婚のストレスだから、離婚してしまえば回復するはず」

そう考えて、誰にも相談せず、とにかく離婚を進めようとする人は少なくありません。

しかし、精神的に不安定な状態では現実検討がしっかりできません。

たとえ離婚できたとしても、離婚後の生活や子供のことをきちんと決めないままになってしまい、離婚した後に問題を残してしまうことがあります。

こころの病を発症したら、離婚を急ぐよりも病気の治療を優先することが、後悔の少ない離婚への近道だと考えてください。

離婚紛争中や離婚後に発症しやすい心の問題

離婚の問題を抱えている人が発症しやすいこころの病には、次のようなものがあります。

どの病気も、重症化すると社会生活に深刻な影響をもたらすリスクが高いものです。

自分に当てはまると思ったら、なるべく早く精神科や心療内科を受診するようにしてください。

離婚紛争中に発症しやすい病気

  • うつ病
  • 統合失調症
  • パニック障害
  • 外傷後ストレス障害(PTSD)
離婚 うつ病 原因 症状 対応 薬

離婚とうつ病(うつ状態)

うつ病とは うつ病とは、心や身体のストレスが重なるといった複数の原因から、脳に機能障害が起きることで生じる状態のことです。 うつ病を発症すると、自己肯定感が低くなり、ものの見方が否定的になるため、ささいなことでも落ち込ん […]
コメントなし
離婚 PTSD 心的外傷後ストレス障害 症状 治療法

離婚と心的外傷後ストレス障害(PTSD)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、事件や事故、自然災害に巻き込まれるなどのつらい経験がトラウマ(こころの傷)となって残り、時間が経過しても当時の記憶や感情がよみがえることで様 […]
コメントなし
離婚 パニック障害 原因 診断 症状 治療

離婚とパニック障害

パニック障害とは パニック障害とは、①パニック発作(動悸や息切れなどを伴って突然起こる発作)、②予期不安(発作に襲われるかもしれないという不安)、③広場恐怖(発作が起こる状況への恐怖)が特徴の病気です。 予期不安や広場恐 […]
コメントなし
離婚 統合失調症

離婚と統合失調症

統合失調症とは 統合失調症とは、幻覚と妄想の症状が特徴的なこころの病気です。 以前は精神分裂病と呼ばれていましたが、最近は統合失調症という名前が浸透してきました。 自分の感覚、考え、行動が病気によってズレていることに無自 […]
コメントなし
ページ上部へ戻る