menu
閉じる
  1. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  2. 離婚が子供に与える影響は?
  3. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  4. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  5. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  6. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  7. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  8. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  9. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  10. 離婚とうつ病(うつ状態)
閉じる
閉じる

離婚ガイド

離婚と心的外傷後ストレス障害(PTSD)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
離婚 PTSD 心的外傷後ストレス障害 症状 治療法

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、事件や事故、自然災害に巻き込まれるなどのつらい経験がトラウマ(こころの傷)となって残り、時間が経過しても当時の記憶や感情がよみがえることで様々な症状を引き起こす、こころの病気です。

PTSDもしくは心的外傷後ストレス障害という単語は、阪神大震災や東日本大震災、同時多発テロ、交通事故や性犯罪などのニュースで耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の原因

ある物事に対する受け止め方や感じ方は人によって異なり、同じ経験をしてもPTSDになる人とならない人がいます。

例えば、命の危険を感じるような地震を経験をした人全員がPTSDになるわけではありません。

そのため、PTSDになりやすい人の特徴や、PTSDを引き起こす原因の特定は難しいものです。

ただし、自力ではどうしようもない圧倒的な力に支配されたり、強い恐怖感や無力感を伴う経験をしたりすると、PTSDを発症しやすいという指摘があります。

PTSDの具体的なきっかけとしては、次のようなものが挙げられています。

  • 自然災害に遭う(地震、津波、台風、火事など)
  • 交通事故や事件の被害に遭う
  • テロに巻き込まれる
  • 配偶者から暴言や暴力を受ける
  • 配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)にさらされ続ける
  • 父母から虐待を受ける(身体的虐待、精神的虐待、性的虐待、ネグレクト)
  • 戦争に参加する
  • 大怪我をする

「PTSDになる=心が弱い」は大きな誤解

「PTSDになるのは心が弱いからだ。」と考える人が少なからずいますが、間違いです。

PTSDは、誰でも発症する可能性があり、心が弱い人だけがPTSDになるわけではありません。

なお、PTSDを発症した人が、自身の心の弱さを責めることがあります。

しかし、PTSDを発症するのは、それくらい怖い思いをしたという証拠なので、心を攻めるのではなく、いたわってあげましょう。

PTSD(外傷後ストレス障害)の症状

突然、過去の恐怖や感情が伴う記憶がよみがえる

つらい事故や事件を思い出さないように生活していても、あるとき突然、記憶がよみがえります。

記憶は、恐怖や無力感といった当時のつらい感情と一緒によみがえり、まるで、事件や事故をもう一度体験しているかのように感じることもあります。

緊張状態が持続する

つらい記憶や感情が何度もよみがえると、日常場面でも安心できなくなり、神経を張り詰めて緊張した状態のままになってしまいます。

常にピリピリしていて、周囲を異常に警戒してちょっとしたことで過敏に反応します。

眠れなくなったり、過呼吸におちいったりすることもあります。

その結果、心も身体も疲れていき、日常生活に支障が出るようになります。

記憶を呼び起こしそうな状況や場所、場面を避けるようになる

PTSDを発症した人は、日常生活の中に潜むつらい記憶を呼び起こしそうな状況や場所、場面を避けるようになります。

その結果、行動範囲が制限され、それまでと同じ生活が送れなくなってしまいます。

例えば、父母から身体的虐待を受けてPTSDを発症した子供の場合、父母や家を極端に怖がって近づかなくなったり、電話や呼び鈴が鳴っただけで過剰に驚いたりすることがあります。

感情や感覚が鈍くなる、マヒする

つらい記憶を思い出して心が疲れるのを避けるために、感情や感覚が鈍くなったり、マヒしたりすることがあります。

その結果、周りに対する気配りや情緒的な関わりも乏しくなり、人間関係がギクシャクしていきます。

症状が回復しない

ここまで述べたPTSDの症状は、つらい経験をした多くの人にあらわれる自然なもので、通常は時間の経過とともに症状がなくなっていきます。

しかし、PTSDを発症すると、症状がいつまでも回復せずに残り、悪化することもあります。

PTSDは気づきにくい

PTSDは、発症した本人でも原因と症状の関係性に気づきにくい病気です。

そのため、原因がわからないまま症状に悩まされ続け、発症した人も家族も疲れてしまい、夫婦関係や家族関係に深刻な影響が出ることが少なくありません。

また、PTSDの症状は、周囲からは突然不安定で挙動不審になったように見えるため、誤解を生んでしまうこともあります。
次のページでは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療方法について紹介しています。

ページ:

1

2

離婚についてより詳しく知りたい人へ

ページ上部へ戻る