menu
閉じる
  1. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  2. 離婚が子供に与える影響は?
  3. 離婚とうつ病(うつ状態)
  4. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
  5. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  6. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  7. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  8. 離婚した後に後悔することは?
  9. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  10. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

タグ:弁護士

ネットで「離婚 弁護士」「離婚調停 弁護士 依頼」などで検索すると、弁護士が作成したサイトばかりが上位に表示されます。当然、離婚調停で弁護士を依頼するメリットばかりが目につき、デメリットは弁護士費用の高さくらいしか書いてありません。…

夫婦の3組に1組が離婚する時代ですが、離婚の理由や原因についてはあまり知られていません。そのため、離婚を考えるようになると、「こんな理由で離婚できるのだろうか。」、「他の人はどんな理由で離婚しているのだろう。」と気になってくるもので…

意外と知らない弁護士にかかる費用「離婚問題を弁護士に相談・依頼すると、どれくらい費用がかかるか。」そう聞かれても、漠然と「高そう」としか答えられない人がほとんどです。しかし、離婚を考えるとき、弁護士に依頼するかどうかがひ…

離婚裁判(離婚訴訟)の提起管轄(訴訟を提起する場所)離婚裁判を起こすのは、夫妻の一方の住所地を管轄する家庭裁判所です。通常、裁判を起こす前に離婚調停を行っているので、調停を行っていた家庭裁判所で裁判を起こす人が多くなっていま…

裁判離婚とは裁判離婚とは、家庭裁判所の裁判で離婚することです。夫婦の話し合いでも、家庭裁判所の離婚調停でも離婚問題が解決しない場合、家庭裁判所で離婚の裁判を起こして離婚することになります。離婚する夫婦の約1%が、裁判離婚…

離婚調停(調停離婚)の申し立て管轄(調停を申し立てる場所)離婚したい相手の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。例えば、調停を申し立てる妻が東京都豊島区に住んでいて、夫が大阪府大阪市に住んでいる場合、調停を申し立てるのは…

調停離婚とは調停離婚とは、家庭裁判所の調停で離婚について話し合い、離婚する方法です。夫婦で離婚の話し合いがまとまらず協議離婚できない場合は、調停で離婚することになります。家庭裁判所の調停では、裁判官と調停委員2人(民間人…

ページ上部へ戻る