menu
閉じる
  1. 離婚とうつ病(うつ状態)
  2. 離婚した後に後悔することは?
  3. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  4. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  5. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  6. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  7. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  8. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  9. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  10. 裁判離婚(離婚訴訟)とは?デメリットはある?弁護士は必要?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

タグ:離婚裁判

ネットで「離婚 弁護士」「離婚調停 弁護士 依頼」などで検索すると、弁護士が作成したサイトばかりが上位に表示されます。当然、離婚調停で弁護士を依頼するメリットばかりが目につき、デメリットは弁護士費用の高さくらいしか書いてありません。…

Q 養育費とは離婚しても、親子関係や子供を養う義務(扶養義務)、子供に自分と同じレベルの生活をさせる義務(生活保持義務)はなくなりません。養育費とは、こうした義務にもとづいて、離婚後に子供と一緒に生活しない親が、子供の成長を経済…

Q 親権ってどんな権利?親権とは、未成年の子供を引き取って育てる権利であり、子供を責任を持って育てる義務でもあります。離婚して親権者になった親は、未成年の子供が健全な成長を遂げられるよう物心両面で支え、子供に財産がある場合は責任…

養育費は、離婚後に子供を育てる上で大切なお金ですが、途中で支払われなくなることが多いのが現状です。それも、「支払いたくなくなった。」、「再婚して新しい家庭ができた。」、「給料が下がった。」といった相手の都合で、一方的に不払いになるケ…

裁判離婚とは裁判離婚とは、家庭裁判所の裁判で離婚することです。夫婦の話し合いでも、家庭裁判所の離婚調停でも離婚問題が解決しない場合、家庭裁判所で離婚の裁判を起こして離婚することになります。離婚する夫婦の約1%が、裁判離婚…

夫婦の間に子どもがいる場合、離婚で一番問題になるのが「子供の親権」です。日本では、離婚後の単独親権制度を採用しているため、夫婦が離婚するときは、どちらか一人が子供の親権者になります。しかし、夫婦の両方が親権を主張し、話し合い…

ページ上部へ戻る