menu
閉じる
  1. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  2. 離婚した後に後悔することは?
  3. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  4. 離婚とうつ病(うつ状態)
  5. 離婚する前に別居したい人が考えておくことは?別居中の生活費(婚姻費用)…
  6. 離婚が子供に与える影響は?
  7. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  8. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
  9. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  10. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
閉じる
閉じる

離婚ガイド

タグ:離婚

結婚中は、親子が一つの戸籍に入っていますが、離婚すると、父母の一方が戸籍から出ることになります。戸籍に関する法律(戸籍法)では、結婚時に相手の戸籍に入った人が、離婚時に相手の戸籍から出ると定められているからです。一方で、子どもは、何…

発達障害とは、行動やコミュニケーション、社会適応に問題を抱えることがある、先天的な脳機能障害です。子供の発達障害は、医療や教育の現場を中心に知られてきましたが、大人にも発達障害を抱える人がたくさんいることは、あまり知…

子連れ別居とは、夫婦が別居するときに、夫婦の一方が子供を連れて別居することです。夫婦で合意した上で子連れ別居する場合は、問題ありません。しかし、最近は、問題のある子連れ別居、いわゆる「子供の違法な連れ去り」が社会問題として取…

DV(ドメスティックバイオレンス、家庭内暴力)とは、結婚相手から受ける暴力のことです。肉体的な暴力を指すことが多い言葉ですが、精神的に苦痛を与えるモラハラ(モラルハラスメント、精神的暴力)、性行為を強要する性的暴力、金銭的な制限を加…

ネットで「離婚 弁護士」「離婚調停 弁護士 依頼」などで検索すると、弁護士が作成したサイトばかりが上位に表示されます。当然、離婚調停で弁護士を依頼するメリットばかりが目につき、デメリットは弁護士費用の高さくらいしか書いてありません。…

離婚の理由や原因で最も多いのは、性格の不一致です。離婚する夫婦の半数以上が、離婚原因として性格の不一致を挙げています。しかし、性格の不一致といっても、そこに含まれる意味合いは夫婦によって異なります。そのた…

夫婦の3組に1組が離婚する時代ですが、離婚の理由や原因についてはあまり知られていません。そのため、離婚を考えるようになると、「こんな理由で離婚できるのだろうか。」、「他の人はどんな理由で離婚しているのだろう。」と気になってくるもので…

Q どんなときに離婚の慰謝料を請求できる?離婚時に慰謝料が請求できるのは、相手から次のような行為をされた場合です。 浮気・不倫・不貞 DV(家庭内暴力、ドメスティックバイオレンス) モラハラ(モラルハラスメント。精神的な…

離婚の慰謝料とは慰謝料とは、他人の生命や身体などを不法に侵害したときに、相手に与えた損害に対して支払う損害賠償です。つまり、相手に精神的、肉体的な被害を与えた人が、その苦痛に対してお金を支払うことです。結婚期間中に相手か…

Q 財産分与の対象になる財産とならない財産は?財産分与の対象になる財産財産分与の対象になるのは、結婚中に夫婦が協力して得た財産(共有財産)です。主な共有財産は、次のとおりです。 預貯金 有価証券 保険解約返戻…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る