menu
閉じる
  1. DV(暴力)で離婚する時は調停か裁判?保護命令の要件と慰謝料の相場は?…
  2. 離婚したい理由と原因で最も多い性格の不一致とは?具体的な内容は?
  3. 養育費の不払いは強制執行で差し押さえ?履行勧告と履行命令を使う?
  4. 離婚とうつ病(うつ状態)
  5. 離婚の慰謝料とは?DV、浮気、モラハラの相場は?払わないときは?
  6. 離婚が子供に与える影響は?
  7. 離婚後のシングルマザー(母子家庭)への公的支援①(手当と助成)
  8. 離婚を弁護士に相談・依頼するときの費用は?
  9. 離婚調停に弁護士は必要か?費用とメリット・デメリット、選び方は?
  10. 離婚理由のランキング!モラハラ、セックスレス、弁護士の介入も原因になる…
閉じる
閉じる

離婚ガイド

タグ:養育費

Q 養育費とは離婚しても、親子関係や子供を養う義務(扶養義務)、子供に自分と同じレベルの生活をさせる義務(生活保持義務)はなくなりません。養育費とは、こうした義務にもとづいて、離婚後に子供と一緒に生活しない親が、子供の成長を経済…

Q 別居するときに注意することは?相手の暴力や虐待といったやむを得ない場合を除き、相手に無断で別居することは控えましょう。無断の別居は、別居後の話し合いを困難にしてしまいますし、離婚裁判で「悪意の遺棄」にあたる行為だと攻撃される…

養育費は、離婚後に子供を育てる上で大切なお金ですが、途中で支払われなくなることが多いのが現状です。それも、「支払いたくなくなった。」、「再婚して新しい家庭ができた。」、「給料が下がった。」といった相手の都合で、一方的に不払いになるケ…

児童扶養手当とは、一般的に母子手当と呼ばれているものです。「父母の離婚や死亡などで、父母の一方の養育しか受けられない子供がいる家庭の経済的な安定と自立を促し、子供の健全な成長を支援する。」ことを目的として支給される手当です。…

裁判離婚とは裁判離婚とは、家庭裁判所の裁判で離婚することです。夫婦の話し合いでも、家庭裁判所の離婚調停でも離婚問題が解決しない場合、家庭裁判所で離婚の裁判を起こして離婚することになります。離婚する夫婦の約1%が、裁判離婚…

離婚調停(夫婦関係調整調停)とは離婚する場合、①離婚するかどうか、②離婚の条件(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割など)の2つを決めることになります。この2つについて、まとめて話し合うことができるのが離婚調停です…

離婚調停(調停離婚)の申し立て管轄(調停を申し立てる場所)離婚したい相手の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。例えば、調停を申し立てる妻が東京都豊島区に住んでいて、夫が大阪府大阪市に住んでいる場合、調停を申し立てるのは…

調停離婚とは調停離婚とは、家庭裁判所の調停で離婚について話し合い、離婚する方法です。夫婦で離婚の話し合いがまとまらず協議離婚できない場合は、調停で離婚することになります。家庭裁判所の調停では、裁判官と調停委員2人(民間人…

離婚を決意した人が知っておきたいこと離婚を決意した人が知っておきたいことは、次の4つです。・離婚の方法(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚)・離婚の条件(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割)・…

離婚をする前は、「離婚をすれば、今の苦しい気持ちや生活から解放され、明るい未来が待っているはずだ。」と考えている人がほとんどです。実際に、離婚すると法律上の結婚が解消されます。たいていは、相手と別々に暮らすことになるので、仲…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る